生活習慣病の高血圧|食事療法は特に調味料に気をつける

老人

糖尿病の食事を買う

料理

糖尿病食といった特殊な食事を食べたいときは通販を利用するといいでしょう。通販では病食を売っているオンラインショップがあります。またお店は多々あって低糖質食品を扱っているところから、宅配サービスを行っているところもあるのです。

数値が気になる時には

シニア

高血圧は脳梗塞等の様々な病気に繋がってしまうことがあるため、できるだけ早めに対策することが重要です。まずは食事の改善をしておくと良いでしょう。食事の順番や摂取量、食材等に配慮することで、効果的に血圧を下げることが期待できます。

食事

血圧高めと言われたら

高血圧は身近な病気ですが、脳卒中や心筋梗塞に繋がる恐れのある非常に怖い生活習慣病です。1度日々の生活を振り返り、食生活や運動の見直しを行ってみましょう。知らないのと知っているのとでは自分の人生にも大きな影響を与えます。年齢に関係なく、正しい食生活をすることが未来の自分を支えてくれるのです。

食事を気をつけるだけ

食事

何に塩分が含まれているか

高血圧は生活習慣病と言われているだけあり、食事療法で、高血圧を改善することができると言われています。その食事療法とは、ずばり塩分です。塩分の過剰摂取は血液量を増加させ血管への負担を強くさせます。そうすると最終的に血圧が高くなってしまうと言われています。その塩分を控えることが高血圧改善の重要なポイントとなります。高血圧学会が提唱している1日の塩分量は6g。味噌汁1杯に含まれる塩分量は、約2g。3食毎食に味噌汁がついてくると、それだけで1日の摂取量となってしまうのです。その他にもたくさんの調味料に塩分が含まれています。味噌の他にも、ケチャップやソース、醤油やドレッシングなどにも多く含まれているのです。

減塩の方法とは

塩分を控えるには、まず普段使っている調味料の表示を確認してみるといいでしょう。この調味料にはどれだけ塩分が含まれているのかを知るのが、食事療法の第一歩です。食事療法と言っても、まずはそこが重要なのです。例えば味噌であれば、減塩の味噌に変えるだけでかなりの塩分が抑えられますし、今まで焼き魚に塩を振って焼いていたのであれば、レモンを搾ってみる。ドレッシングをかけていたのであればポン酢にしてみる。そしてドレッシングを使う際には、かけないでタレのようにつけて使うこと。これによって、かけすぎた余計な塩分を取らずに済むのです。料理自体も素材の味を生かしたり、出汁を使うことで味にメリハリをつけることも減塩への近道となります。ただし、味が薄い=減塩ではありませんので注意しましょう。